前へ
次へ

探偵に相談する前に読む

探偵や興信所の調査を必要とする御依頼者の皆さんは「一人で解決できない事案を抱えて」相談し解決したいと考え「調査方法やそれに伴う調査費用の見積」を探偵からとりたいと思います。

ここで、重要になることが「実施する調査方法で抱えている問題やトラブルが解消されるか?」であると御相談者の多くの方は思い悩むことでしょう。探偵が提案する調査が「問題やトラブル解消に直結した調査」であるか?ご相談者が納得して調査契約を結び必要となる費用や必要経費も理解して調査を実施できるか?大きくこの2点は最重要ポイントとして踏まえなければなりません。

もしも、この最重要ポイントとなる事項に関して「探偵の口から想定される調査に関して不安材料が発せられている」状況下での依頼や調査実施は控えるべきと考えるのです。

理由は探偵業界の現実に直結した問題であり、消費者センターによせられる「探偵や興信所が実施した調査に関する苦情」の多くに「調査結果に見あわない高額費用」との苦情が多く存在するからに他ならないのです。全ての苦情やトラブルが「探偵に責がある」とは考えられない問題といえ、現実には感情的な状況下で「無理に調査を実施してしまうご依頼人」の存在も考慮しなければこの問題を語ることは出来ないのです。

情緒不安定なご相談者を「言葉巧みに誘い込む探偵の営業方針には悪意」が見え隠れします。

このような探偵業者とは御相談の時点で契約することは決しておすすめ出来ません。悪意ある探偵は契約を急ぎ入金を急かす傾向が強く表れます。入金させてしまえば事あることに「調査員を動かしましょう!」と調査を実施させ無駄な調査が頻繁になる悪循環が待っているのです。このような流れを経験されている方は「悪い探偵にひっかかってしまった」と後悔されて苦情を消費者センターに告げる事になるのです。

これから探偵に相談を考えている方は一度この事実を受け止め「冷静に自分の状況を見極めながら探偵に相談する」行為が最良であり、優良な探偵に依頼する為にも必ずこのページをご一読するべきと思う次第であります。

長い人生で探偵の調査を利用する機会など多くは存在しません。

探偵が実施する不幸をクリアーにする調査を冠婚葬祭と同様と考えるならば、充分に後悔無く「優良な探偵業者を選定」し「選んだ探偵業者に間違いなかったか?」確認することは最低限念頭に置くべきと考えることがベストな対処であると思うのです。

Page Top